会社がするべきこと

20150511003

社内でマイナンバーを扱うのは総務や経理などです。マイナンバーを適正に取り扱えるよう、社員研修や情報漏えい対策などが必要です。パソコンのシステムの変更なども必要になります。

所得税の源泉徴収、住民税の特別徴収、社会保険料(医療保険、介護保険、年金保険、(労働保険))の支払・事務手続きなどがマイナンバーが必要になります。

2015年 社内システムの改修

社員研修の実施

2016年 社員のマイナンバーの収集

マイナンバーの運用

実践!企業のためのマイナンバー取扱実務

「マイナンバー制度と企業の実務」完全ガイド

(Visited 1 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする