通知カードと個人番号カード

20151015001

■マイナンバーを知らせる「通知カード」

紙製のカードにマイナンバーが記載され、簡易書留で送られてきます。来たら、記載されている内容を確認し、大切にしまっておきます。サラリーマンなら勤務先に番号を伝える場合以外では、取り出すことはないと考えて大丈夫です。

・電話では教えない。
・訪問した人にも教えない。カードは見せない。

税務署を名乗っても、市役所の担当者を名乗っても、電話も訪問もマイナンバーは教えない。これを守ること。

20151015002

■希望者に申請すると発行される「個人番号カード」

顔写真付きでICチップに個人情報が記録されているプラスチック製のカード。申請書に必要事項を書いて申請する。受け取りは、窓口。行政手続きで、本人確認の利便性を強調していることも多いが、情報流出やなりすましなどのリスクも高まる。

・本当に便利と理解したときにつくるべきもの。
・裏面にマイナンバーが記載されているので、日常持ち歩くことは無い。

(Visited 3 times, 1 visits today)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする